ハンガリーのトライアスロン選手たちと交流する氏家中水泳部の生徒たち

 【さくら】2020年の東京五輪・パラリンピックへ向け、市内で事前合宿地の視察を兼ねたトレーニングを行っているハンガリートライアスロン連合の選手らが9日、氏家中プールで、水泳教室を開いた。同中の水泳部員21人が参加し、泳法の指導を受けたり、レースを行ったりして楽しんだ。

 教室には、ジャネット・ブラーグマヤー選手(25)、マーク・デーワイ選手(23)とトレーナー2人の計4人が参加。1、2年生部員21人に「息つぎは脇の下で、手のかき方は脇を触るよう意識して」などと泳ぎ方の基本を伝授した。最後に、選手と生徒が一緒にチームをつくってリレーレースを行い、楽しく競い合った。