県消防防災課は9日、熱中症とみられる症状で計16人が救急搬送され、芳賀町の男性(89)が重症だったと発表した。他の搬送者は中等症3人、軽症12人だった。

 同課などによると、重症の男性は、屋外で作業後、帰宅し、勝手口で倒れているところを家族に発見された。