クビアカみっけ隊の隊員証とエコバッグ

 【足利】市はこのほど、特定外来生物のクビアカツヤカミキリによる被害の防止を目指す「クビアカみっけ隊」の隊員グッズのエコバッグなどを作製した。参加者全員に配布し、活動の周知や隊員の意識の高揚を図る。より多くの市民の参加も呼び掛けている。

 作製したのは、エコバッグのほか、隊員証とカード。エコバッグは縦約36センチ、横約37センチ。市職員がデザインしたイラストが描かれている。隊員証とカードは名刺サイズ。カードは、クビアカツヤカミキリの特徴や被害の対象になる植物などが書かれている。

 市環境政策課の担当者は「(隊員が)グッズを持って活動する姿を見て、関心を持つ人もいると思う。7~9月は成虫の活動期なので協力してほしい」と話している。