バドミントン女子準々決勝 作新の杉村がショットを放つ=熊本県の八代白百合学園高校

 全国高校総体(インターハイ)第9日は4日、熊本県八代市の八代白百合学園高体育館ほかで剣道、陸上、少林寺拳法などを行った。バドミントン女子シングルスは杉村南美(すぎむらみなみ)(作新)が準々決勝で敗れたものの8強入り。1年生の舛木(ますき)さくら(同)は16強だった。

Web写真館に別カットの写真

 剣道男子個人では原田光(はらだひかる)(佐野日大)が準々決勝進出。手塚龍成(てづかりゅうせい)は4回戦で敗退したがベスト16入りした。

 陸上男子ハンマー投げは大島瑶(おおしまよう)(矢板)が58メートル59で9位。女子400メートルリレー予選では作新が47秒01で準決勝進出を決めた。

 少林寺拳法の女子組演武決勝は横嶋輝実(よこしまてるみ)・高橋茉央(たかはしまお)組(作新)が10位。ハンドボール男子は国学栃木が1回戦で今治西(愛媛)に16-20で敗れた。