飲食店から煙が立ち上る火災現場=3日午後8時、宇都宮市大通り2丁目

 宇都宮市大通り2丁目の飲食店で3日夜に発生した火災で、同店や隣接する飲食店、果実店など4棟計約438平方メートルを全焼したことが4日、宇都宮中央署の調べで分かった。4棟のほか、ビルなど2棟の壁など計約273平方メートルを焼いた。

 同署によると、火災の119番から8時間後に鎮火した。同署で原因を調べている。

 現場付近の市中心部で開かれていた3日のふるさと宮まつりは、火災の影響で発生直後に中止となった。また、ふるさと宮まつり開催委員会は4日、安全確保のため、上河原交差点周辺で行われる予定だった「おどり」と「宮っ子よさこい」を中止。「宮っ子パレード」は会場を一部変更して実施した。