1回、栃木GBの飯原が左越えに3点本塁打を放つ=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、小山運動公園野球場で新潟と対戦、6-6で引き分けた。後期通算成績は13勝4分け5敗で群馬とゲーム差はなくなったが、勝率で東地区首位は守った。

 栃木GBは初回に1点を失ったが、その裏に飯原誉士(いいはらやすし)が左越えに3点本塁打を放って逆転。2回にも内山翔太(うちやましょうた)、西岡剛(にしおかつよし)の連続適時打で5-1とリードした。

 しかし投手陣が踏ん張れず、先発前田大佳(まえだまさよし)が五回途中4失点で降板。八回には内野守備の隙を突かれて同点に追い付かれた。

 次戦は7日午後1時から、滋賀県の甲賀市民球場で滋賀と対戦する。