野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は3日、埼玉県の上尾市民球場で武蔵と対戦し、4-3で競り勝った。後期通算成績は13勝3分け5敗で東地区の首位を堅持した。

 栃木GBは初回、西岡剛(にしおかつよし)の二塁打などで1死二、三塁とし、ルーカスの内野安打で先制。さらに松井永吉(まついえいきち)の右前適時打で1点を追加した。1点差とされた六回は無死一塁から谷津鷹明(やつたかあき)が左越えに適時三塁打を放ち、橋本隆(はしもとりゅう)の犠飛でもう1点を加えた。

 先発の若松駿太(わかまつしゅんた)は7回を投げ、8安打2失点。その後は金本亨祐(かねもときょうすけ)、ジョンの継投で武蔵の反撃を1点に抑えて逃げ切った。

 次戦は4日午後1時から、小山運動公園野球場で新潟と対戦する。