ふるさと宮まつりが開かれた市中心部で発生した火災=3日午後8時、宇都宮市大通り2丁目

ふるさと宮まつりが開かれた市中心部で発生した火災=3日午後8時、宇都宮市大通り2丁目

ふるさと宮まつりが開かれた市中心部で発生した火災=3日午後8時、宇都宮市大通り2丁目 ふるさと宮まつりが開かれた市中心部で発生した火災=3日午後8時、宇都宮市大通り2丁目

 3日午後7時15分ごろ、宇都宮市大通り2丁目の飲食店から煙が出ているのに気付いた女性が119番した。2階建てを焼いた。現場付近の市中心部で開かれていたふるさと宮まつりは、火災の影響で終了予定の午後9時を待たず、発生直後に中止となった。

 現場周辺には規制線が張られ、周辺の道路は帰宅しようとする祭りの参加者らで一時騒然となった。

 宇都宮中央署によると、午後11時現在も消火活動が続いている。同市、飲食店経営男性(72)が腕に軽いやけどをした。

 孫(5)と来場した同市徳次郎町、木村(きむら)ひささん(58)は「帰ろうと思っていたら火災が発生した。煙もあるので孫は口にハンカチを当てている。早く沈静化してほしい」と不安げだった。