対戦が決まった筑陽学園の江原佑哉主将(左)と握手する作新学院の石井巧主将=3日午後、大阪市

対戦が決まり、筑陽学園の江原主将と健闘を誓い合う作新学院の石井巧主将=3日午後、大阪市

初戦の相手が筑陽学園(福岡)に決まり、思い思いの表情を見せる作新ナイン=大阪市のフェスティバルホール

対戦が決まった筑陽学園の江原佑哉主将(左)と握手する作新学院の石井巧主将=3日午後、大阪市 対戦が決まり、筑陽学園の江原主将と健闘を誓い合う作新学院の石井巧主将=3日午後、大阪市 初戦の相手が筑陽学園(福岡)に決まり、思い思いの表情を見せる作新ナイン=大阪市のフェスティバルホール

 6日に開幕する第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市北区のフェスティバルホールで行われ、本県の作新学院は大会第6日第1試合(11日午前8時開始)の2回戦で筑陽学園(福岡)と対戦することが決まった。

 9年連続で県大会を制し、3年ぶりの全国制覇を狙う作新。抽選会では各都道府県の代表49校の主将が予備抽選の順にくじを引いた。作新の石井巧(いしいたくみ)主将は全体の43番目にくじを引き、先に引いていた筑陽学園の対戦相手に決定した。

 作新の連続出場記録は、聖光学院(福島)の13に次いで戦後では単独2位。筑陽学園は16年ぶり2度目の出場で、今春の選抜大会では8強入りした。