SL転車台広場で駅長らと記念撮影する斎藤さん親子(中央)

 【日光】2017年8月10日に東武鬼怒川線で運行開始したSL「大樹(たいじゅ)」が3日、乗客20万人を達成。下今市駅のSL転車台広場で記念セレモニーが行われた。

 鬼怒川温泉駅を出た大樹2号は午前11時21分、下今市駅に到着。セレモニーで上沢邦彦(うえさわくにひこ)駅長が「今後も地域の人たちと一緒におもてなしをしたい」とあいさつした。

 乗客を代表して森友のパート斎藤久美子(さいとうくみこ)さん(39)と次女麗愛(うるあ)ちゃん(7)、次男心暖(このん)ちゃん(3)の親子に、上沢駅長から20万人目の記念プレートと大樹の帽子が贈られた。