約3万発の大輪が夏の夜空を彩った足利花火大会=3日午後8時15分、足利市の渡良瀬川河川敷

 「第105回足利花火大会」が3日夜、足利市の田中橋下流の渡良瀬川河川敷で開かれ、色鮮やかな約3万発が夏の夜空にきらめいた。

Web写真館に別カットの写真

 足利商工会議所や同市などでつくる実行委員会が主催し、1903年に始まったとされる県内最古の花火大会。河川敷は浴衣姿の家族連れやカップルなど、大勢の観客でびっしりと埋め尽くされた。

 打ち上げは午後7時すぎにスタート。全国の花火師が作り上げた尺玉が大輪を咲かせ、さまざまな仕掛け花火が宙を彩った。

 クライマックスには火の粉が滝のように広がる大ナイアガラと、連続して光が弾けるスターマインが競演し、約2時間の大会を締めくくった。

 神奈川県から家族3人で訪れた会社員中村喜和(なかむらよしかず)さん(45)は「これだけ近くで花火を見られるのは足利ならでは。種類も多彩ですごい」と笑顔で話した。