【お持ち帰りグルメ】あんバターサンド KANEL BREAD(那須塩原)

【お持ち帰りグルメ】あんバターサンド KANEL BREAD(那須塩原)

 歯切れのいい食感のパン生地に、自家製の粒あんとバターが挟み込まれた「あんバターサンド」(350円)。風味と口溶けの良さが男女問わず人気を呼び、県外からも多くのファンが買いに訪れる。

 店はJR黒磯駅西口の一角に立ち、大正時代に旧黒磯町民の食料庫として使われていた石蔵を改装し、2013年5月にオープンした。東京都内や市内の飲食店でワインサービスやバーテンダーなどの仕事を経験した岡崎哲也(おかざきてつや)さん(38)がオーナーを務め、現在はスタッフ10人が約40種類のハード系パンや菓子パンなどを提供している。

 雑誌や口コミなどで紹介されることも多いあんバターサンドには、北海道産と熊本産の小麦粉をブレンドして使用。しっとりと炊き上げた甘さ控えめの粒あんがパン生地の風味をより引き立てる。岡崎さんは「最後まで飽きずに食べられる。リベイク(焼き直し)せず、そのまま食べるのがお勧めです」と説明する。

 また昨年10月には、店の隣にイートインスペースを兼ねたカフェもオープン。地元食材を使ったサラダやスープ、コーヒーなどと一緒に焼きたてのパンを楽しむことができる。

 ◆メモ 那須塩原市本町5の2。午前8時~午後6時。火曜定休。(問)0287・74・6825。