【麺ロード】手打ちそばかみやま(佐野)

【麺ロード】手打ちそばかみやま(佐野)

 秋山川上流へと向かう県道200号線沿いに、静かにたたずむ「手打ちそばかみやま」。店主の神山永治(かみやまえいじ)さん(56)は店周辺の農家から直接購入するそばの実を自家製粉し、調理には湧き水を使用。地産地消にこだわる。

 1994年に神山さんの両親が創業。最初は自身の仕事をしながら店の手伝いをしていたが、数年後に店を引き継いだ。

 使用するそばの実は、20年来の付き合いがある地元農家が栽培したもの。8~10月に栽培されるそばは、台風などの気候に大きな影響を受ける。農家の協力と店の貯蓄設備で安定した商品提供を続けている。

 店舗は5年かけて探したという古民家を移築した。机や椅子、置物の材質や色合いもこだわり、落ち着いた空間を演出する。

 店内には座敷、テーブルなどを用意し、幅広い客層に対応できるように配慮。車いすに乗ったまま直接入店できる席も。「子どもから高齢者まで、空間も楽しんでもらいたい」と話す。

 看板メニューは「そば屋なので、そばです」と笑う。こだわり抜いたそばの実で打つそばは、香り高く風味豊か。天ぷらが付いた「天もりそば」(税込み1250円)が一番人気で、本鴨を使用した「かも焼き」(同1250円)などの一品料理も定評がある。日本酒の種類も豊富で、そばと一品料理で「クイッと一杯」という楽しみ方も。

 「日々努力していけば、何かしら結果が出る」。県内外からのファンも多く、期待に応える努力を続けている。

 ◆メモ 秋山町305。午前11時~午後6時。木曜定休。6月1~3日は臨時休業。(問)0283・87・0036