7回、作新の本間が中前打を放ち、二走の関(中央)がサヨナラのホームを踏む=つかさグループいちじま球場

初優勝を飾った作新

7回、作新の本間が中前打を放ち、二走の関(中央)がサヨナラのホームを踏む=つかさグループいちじま球場 初優勝を飾った作新

 女子硬式野球の第23回全国高校選手権大会最終日は2日、兵庫県丹波市のつかさグループいちじま球場で決勝を行い、本県の作新が4-3で履正社(大阪)に逆転サヨナラ勝ちを収め、初の栄冠を手にした。

Web写真館に別カットの写真

 三回に1点を先制された作新はその裏、関桃子(せきももこ)の右前適時打で同点に追い付いたが、先発の主戦角田麗菜(かくたれな)が四回に勝ち越し点を献上。六回にも2番手の川上未夢(かわかみみゆ)が追加点を与えた。

 打線が奮起したのは1-3で迎えた最終七回。2安打と四球でつくった2死満塁の好機で2番海老沼桃(えびぬまもも)が中前に2点適時打を放ち同点。さらに3番の本間茜梨(ほんまあかり)の中前打で二走の関が生還し、劇的なサヨナラ勝ちを決めた。