【お持ち帰りグルメ】タータルハンバーグ グルマンズ和牛ヴィールクラブ(日光)

【お持ち帰りグルメ】タータルハンバーグ グルマンズ和牛ヴィールクラブ(日光)

 日光に店舗を構えて38年のステーキ専門店「グルマンズ和牛」の味が家庭でも楽しめるのが「タータルハンバーグ」だ。黒毛和牛のうまみを凝縮。ミートコンシェルジュの和田誠(わだまこと)製造長(39)は「一枚一枚、心を込めて作り、最高の状態で提供しています」と胸を張る。

 同店は宇都宮市で食肉販売をしていた斎藤孝司(さいとうこうじ)社長(75)が日光の自然や歴史に魅せられ開業。タータルハンバーグは持ち帰り商品第1号でロングセラーとなっており、隣接する直営ショップ「ヴィールクラブ」で購入できる。1枚税別600円で、2枚入りと3枚入りがある。

 一頭買いした前沢牛や松阪牛、とちぎ和牛「匠」などのステーキ用部位を除いた部分を存分に使い、塩とこしょうだけで調味。急速冷凍してうまみを保持させる。家庭での焼きやすさを考慮し、レストランで提供するものより70グラム軽い110グラムとしている。

 顧客からは「まるでステーキのよう」などと評価を得ている。ビーフメンチカツも人気で、すき焼き用肉など約20商品の配送もしている。和田さんは「ぜひ足を運んでもらい、会話で顧客に合った商品の提案もしたい」と話している。

 ◆メモ 日光市所野1541の408。午前10時~午後4時。水曜定休。レストランは要予約。(問)0288・53・3232。