【お持ち帰りグルメ】ランチボックス BRASSERIE Soleil(那須塩原)

【お持ち帰りグルメ】ランチボックス BRASSERIE Soleil(那須塩原)

 フランス料理の総菜をふんだんに入れ込んだ。色とりどりの食材がクラフト調のボックスに並び、見た目も楽しめる。レジャーなどでも気軽に味わえる。

 旧黒磯市出身のオーナーシェフ田中聡(たなかさとし)さん(35)は都内などで修業を積み、2014年に店をオープンさせた。「Soleil」はフランス語で「ヒマワリ」の意味があり「夏、元気に大きな花を咲かせるのが好き」と、店名に加えた。

 「お花見など公園に出る人も多いので、手軽にフランス料理を楽しんでほしい」と、昨年から始めた持ち帰り専用のランチボックス(税別980円)。30~40代の主婦層をメインに人気があり、ボリュームも満点と好評だという。

 料理は既製品を使わず手作りにこだわる。自家製のハムを挟んだサンドイッチや豚肉を練って焼き上げたパテドカンパーニュ、キッシュ、グリーンサラダのほか、日替わりで3~4点の総菜とデザートが付く。

 使用する野菜の多くは那須塩原市や那須町産だ。田中さんは「地元の食材のおいしさを発信していきたい」と力を込める。

 このほか、予算に応じてフランス料理のオートブルも持ち帰りできる。ランチボックスとも、前日正午までに予約が必要。

 ◆メモ 那須塩原市上厚崎122の9。午前11時~午後3時、同6~10時。月曜定休。(問)0287・74・6141。