【麺ロード】らーめん吉田商店(小山)

【麺ロード】らーめん吉田商店(小山)

 約18年間、店を切り盛りする吉田修二(よしだしゅうじ)さん(46)は、実家の日本料理店を手伝っていた時に見たテレビ番組の影響を受け、ラーメン店出店を目指した。「(やろうと思った)チャンスは逃すんじゃない」。そんな父の言葉に背中を押され、28歳の時に「麺屋くいしん坊」をオープンさせた。

 ラーメン店での修行は未経験。試行錯誤しながら味を向上させ、徐々にリピーターを増やしていった。2010年に「吉田商店」としてリニューアルオープン。大つけ麺博などのイベントに積極的に出場し、全国ネットのテレビ放送でも紹介される存在に。今も「栃木県小山市」の文字が入ったTシャツやのぼりで地元をPRしている。

 お薦めの一品は「鶏だし塩らーめん」(税込み650円)。時季に合わせて火加減を調節して煮込んだ鳥だしスープと、カツオやサバ、煮干しなどの魚介をふんだんに使っただしが麺に絡み、さっぱりとした味わいだ。鶏皮の油とポルチーニ茸(だけ)のスープを合わせた「鶏油(チーユ)」の上品な風味も楽しめる。トッピングの鶏団子と白髪ネギが一層風味を引き立たせる。

 現在の店を今月から「らーめん2代目吉田商店」と改め、新たに本店として城東5丁目に新店舗を構える。「お客さまとの絆を大切にして、おいしいものをいっぱい作っていきたい」と笑顔で話す吉田さん。至極の一杯に対する情熱は尽きない。

 ◆メモ 小山市西城南5の47の8。午前11時~午後3時、同5時30分~9時。月曜、第3火曜定休。(問)0285・23・5621。