【麺ロード】大童城内店(栃木)

【麺ロード】大童城内店(栃木)

 店名の由来は忙しいさまの「大わらわ」から。のれんをくぐるとまさに“大童(おおわらわ)”だ。開店から34年、今も変わらない味を求めて、若者から高齢者まで市内外からリピーター客が絶えない。

 店主の栗田益男(くりたますお)さん(64)は市内の中学を卒業後、都内の調理師専門学校へ進学。中華料理店などで修業を積み、30歳の時に独立した。当時はラーメン一本で勝負することに不安はあったが、「どうしても地元で店を出したかった」。

 看板メニューは「たんたんめん」(税込み650円)。練りゴマなどを使用する一般的な担々麺とは異なり、しょうゆベースのスープに酢やいりごまの風味が効きさっぱりめ。女性や高齢者にも人気だ。

 こだわりはタレに使う「芝麻醤(チーマージャン)」。何度も研究を重ね精錬された香ばしいごまの香りは、自家製の中太ちぢれ麺とも絶妙にマッチ。また卓上のオリジナルの辛みそで、好みの辛さに調整できる。

 このほか分厚いチャーシューが乗った「チャーシューたんたんめん(同870円)」、大ぶりで肉汁があふれるギョーザ(3個、同270円)、季節限定の「冷やしたんたんめん」(同700円)も人気だ。同市箱森町には2号店「箱森店」も構える。

 「うちは特別なことは何もやっていない」と栗田さん。長年こだわってきたそのシンプルさと情熱を胸に、今日もおなじみの一杯を提供する。

 ◆メモ 栃木市城内町1の6の24。午前11時半~午後2時、午後5~8時。火曜定休。(問)0282・23・0572。