【よるのみや】味と雰囲気でリラックスを 割烹石葉(せきよう)

【よるのみや】味と雰囲気でリラックスを 割烹石葉(せきよう)

 かつて友人に、近年は職場関係者に誘われ立ち寄ったのを思い出し、再びのれんをくぐった。

 社長の内山敦雄(うちやまあつお)さん(69)、妻で女将の八恵子(やえこ)さん(68)、三男雅庸(まさつね)さん(38)の3人で切り盛りする日本料理店。オープンは1990年9月。アットホームな雰囲気は今も変わらない。

 人気が高いのは2時間飲み放題付きの5000円コース(税込み)。内容はその時々で変わるが、この日は前菜に新鮮なお刺し身、エビの塩焼き、米ナスの鳥ひき肉あんかけ、鳥の酒かす塩こうじ焼きなどが並んだ。

 「米ナス−」は甘みのある鳥ひき肉のあんと、軟らかな食感のナスが絶妙にマッチ。「特に女性に人気」というのもうなずける。「酒かす塩こうじ焼き」の酒かすは、八恵子さんの実家近くにある新潟県上越市の造り酒屋から取り寄せた3年モノだそう。頬張ると口の中に、香りと深い味わいが広がった。

 県内の地酒「惣誉」などはもちろん、新潟の「越の若竹」や辛口の「八海山」、手に入りにくい「雪中梅」などが楽しめる。

 「石葉でしか食べられない味と雰囲気でリラックスしていただければ」と雅庸さん。敦雄さんの味をしっかり受け継いでいるようだ。

メモ 宇都宮市一番町1の31▽営業時間 午後5時30分~9時30分(ラストオーダー)▽定休日 日曜、祝日▽(問)028・633・9459。