【麺ロード】らーめん琥珀(足利)

【麺ロード】らーめん琥珀(足利)

 カウンター席のほか、壁で区切られた半個室の席でも食事を楽しめる。ゆっくり落ち着いて食べられるので、1人で訪れる女性客も多いという。隣接する焼き肉店「炭火苑(すみびえん)」が経営し、移転やリニューアルを経て2015年3月にオープンした。

 店主の戸沢孝輔(とざわこうすけ)さん(31)はもともとイタリアンの店で調理を担当していたが、20代前半で方向転換。県内や東京都、新潟県などのラーメン店で修業を重ねた。出身地の佐野市内で豚骨ラーメン店を出店した経験もある。

 幅広い世代に食べてもらえるよう、つけ麺以外のスープは、あっさりとした味わいの鶏だしをベースにしている。

 一押しメニューは「匠(たくみ)鶏そば」(税抜き650円)。そばのようなコシがある細麺は、愛好家の間では「パツパツ系」と呼ばれる。タケノコやネギ、だしに使った丸鶏のほぐし身がのる。唐辛子を利かせた「匠赤味噌(みそ)ラーメン」(同800円)や、エビのうま味を閉じ込めた「匠えびそば」(同750円)も人気だ。

 一杯一杯丁寧に作ることを心掛けているという戸沢さん。「これからも老若男女に好まれる味を常に模索していく」と力を込めた。

 ◆メモ 足利市西砂原後町1175。午前11時半~午後10時。火曜定休。(問)0284・64・7004。