【お持ち帰りグルメ】ミルフィーユかつサンド BENTO CAFE KODAMA(日光)

【お持ち帰りグルメ】ミルフィーユかつサンド BENTO CAFE KODAMA(日光)

 「BENTO CAFE KODAMA」は、創業45年の弁当店「おいしい店 谺(こだま)」(日光市鬼怒川温泉滝)の支店で、2015年8月に東武鬼怒川温泉駅構内でオープン。現在は8月に復活運転するSL「大樹」の転車台設置などに伴い、店舗も一時移転している。

 東日本大震災後、観光客減少で空き店舗が生じた同駅構内。開店はオーナー石川早苗(いしかわさなえ)さん(45)が、頭を悩ませた当時の駅長から相談されたのがきっかけだった。それまで地域住民向けの販売業務が中心だっただけに、観光客向けの弁当販売は「新しい挑戦」(石川さん)だったという。

 一番人気は軟らかくジューシーな味わいが特徴の「ミルフィーユかつサンド」(税込み615円)。「観光客が親しみを持つ商品で、シンプルかつ地元の特色を出したい」と制作した。

 具材は地元ブランド「日光HIMITSU豚」を使用した濃厚ソース付きのカツのみ。キャベツやチーズ入りも試したが「逆に味の邪魔になる」と引き算の美学で誕生した経緯がある。

 今後は東武鉄道の新型特急「リバティ」やSLの運行、デスティネーションキャンペーンと観光面で追い風が吹く温泉街。石川さんも「地域色を出した定番商品として定着してほしい」と期待を寄せている。

 ◆日光市鬼怒川温泉大原1395の6。午前10時~午後5時。水曜定休(不定休あり)。週末は東武鬼怒川温泉駅構内で臨時販売(午前10時~午後2時)。SL運行開始の8月10日、同駅構内に同店が再移転する予定。(問)0288・25・3234。