準々決勝で相手を攻める足大付の市川アンディ(右)=熊本県玉名市の玉名市総合体育館

 全国高校総体(インターハイ)第6日は1日、熊本県の玉名市総合体育館ほかでバドミントン、ソフトテニスなどを行った。レスリング男子80キロ級で前回3位の市川(いちかわ)アンディ(足大付)は、準々決勝で西田衛人(にしだえいと)(山梨・韮崎工)に惜敗した。

Web写真館に別カットの写真

 ボクシングは各階級の準々決勝を行い、フライ級の平塚駿之介(ひらつかしゅんのすけ)(作新)は判定勝ちで4強進出。ソフトテニス女子団体は白鴎足利がベスト16入りを決めたが、8強入りを懸けた3回戦で須磨学園(兵庫)に競り負けた。
 バドミントンは男女団体の3回戦までを行い、関東大会2位の女子作新は2回戦敗退。男子宇北は1回戦で涙をのんだ。