【バーカウンターへようこそ】ライオンズヘッド 鈴木健之さん(31)

 8年ぶりにこの店の扉を開けた時、とても懐かしいにおいがしました。何も変わっていない、どこか落ち着く場所−。

 東京で仕事をしていましたが、体調を崩し、昨年6月に帰ってきました。久しぶりに会う常連の方は変わらなくて、私も好みのカクテルの作り方を覚えていました。

 「シンクロニシティ」という言葉があります。「意味ある偶然の一致」ということですが、私の解釈は「起きる事柄は全て自分が引き寄せている」。私は多くのお客さまに出会い、育てられ、支えられていると実感しました。

 当店は「パブリック・ハウス」の略であるパブ。いわば「地域の社交場」なので、寒くないときはテラスを開放しています。

 そのせいか、お客さまは社長さんから大学生、外国人、素面(あいらふ)の方から泥酔された方までさまざま。そして、隣り合った同士で仲良くなることもあります。飲み友達として、再び来店してもらえると、とてもうれしいものです。

 そうしたことも、きっと偶然ではないかもしれませんね。ナンパはご遠慮願いますが、すてきな出会いを引き寄せられるよう、テラスを開けて、お待ちしています。

 ◆メモ 宇都宮市池上町1の1中央ビル1階。(問)028・638・6750▼出身地 鹿沼市▼バーテンダー歴 6年▼お薦めの一杯 グラスホッパー