【よるのみや】炭火居酒屋 数寄屋(すきや)

【よるのみや】炭火居酒屋 数寄屋(すきや)

 店内は純和風で落ち着いた雰囲気が漂う。下足箱には銘酒ラベルなどが貼ってあり、日本酒好きは思わず足を止めてしまう。

 刺し身をはじめ焼き物、揚げ物、一品料理を中心にメニューは100品を超え、しかもリーズナブル。「大半は300円~500円で食べられます」と布施尚己(ふせなおき)代表(52)。

 「迷ったらお勧め」に従い、最初は赤鶏のたたき(税別780円)。むね肉はしっとり、ももは弾力があって食感は申し分ないだけに、飲める人なら酒が進むだろう。

 続いて注文が入ってから、さばいて揚げる生アジフライ(同480円)。肉厚でふわふわ、病みつきになりそうだ。季節を問わず人気の特製もつ煮込み(同380円)も、この季節は格別でこくがあって体も心も温まる。

 布施代表は元高校球児。宇都宮学園高(現文星芸大付高)が、1981年夏の甲子園でベスト16まで進出した際、クリーンアップの一翼を担った。「聖地の思い出は忘れられませんね」とほほ笑みながら、手際良くオーダーをさばいていた。

 ◆メモ 宇都宮市曲師町3の2高松ビル2階▽営業時間 午後5時~午前2時(昼は月火水曜の午前11時45分~午後1時30分)▽定休日 年中無休▽(問)028・635・0120