第1セット、足大付の五月女(中央)がスパイクを放つ=早水公園体育文化センター

第1セット、足大付の村松がスパイクを決める=宮崎県都城市の早水公園体育文化センター

第2セット、足大付の寺内がスパイクを決める=宮崎県都城市の早水公園体育文化センター

第2セット、足大付の村松(左)と寺内がブロックを狙う=宮崎県都城市の早水公園体育文化センタ

第1セット、足大付の五月女(中央)がスパイクを放つ=早水公園体育文化センター 第1セット、足大付の村松がスパイクを決める=宮崎県都城市の早水公園体育文化センター 第2セット、足大付の寺内がスパイクを決める=宮崎県都城市の早水公園体育文化センター 第2セット、足大付の村松(左)と寺内がブロックを狙う=宮崎県都城市の早水公園体育文化センタ

 全国高校総体(インターハイ)第5日は31日、宮崎県都城市の早水公園体育文化センターほかでソフトテニス、ボクシング、自転車などを行い、バレーボール男子予選グループ戦で足大付が徳島科学技術(徳島)を2-0で下し、決勝トーナメント進出を決めた。

 レスリング男子個人は各階級の3回戦までを行い、80キロ級の市川(いちかわ)アンディ(足大付)が2年連続で8強入り。ボクシングフライ級の平塚駿之介(ひらつかしゅんのすけ)(作新)が2年連続、ミドル級の井出一志(いでひとし)(同)は初のベスト8に進出した。

 自転車では男子スクラッチの稲延夢元(いなのべむげん)(作新)が決勝へ進出。ソフトテニス女子個人の三好夏未(みよしなつみ)・牧野奏音(まきのかやね)組(白鴎足利)はベスト16入りしたが、6回戦で敗れて準々決勝進出はならなかった。