【よるのみや】でんふく

 寒さがこたえる夜が続く。冷えた体が欲するのは、やはり温かい食べ物。身を縮めながら、入り口前のちょうちんに「おでん」と大書された店に入った。

 カウンター前のおでん鍋は具材でぎっしり。約40種類もあり、どれを頼もうかと迷っていると、店主の安原孝佳(やすはらたかよし)さん(43)が「冷めないよう欲張らずに注文するのがこつ」と心得を伝授してくれた。

 まずは1番人気の大根(税別220円)から。3日間ほど煮込み、10センチ近い厚さにもかかわらず、箸がすっと通る柔らかさ。さっぱりした「京都風」の白だしが染み込み、優しい味に顔がほころぶ。

 ぴり辛の牛すじの辛煮込み(同680円)や新鮮な刺し身盛り合わせ(同1880円から)など、おでん以外も充実。豊富にそろう日本酒や焼酎との相性は言うまでもない。

 カウンターから2階の座敷まで50席ほどあり、1人でも大人数でも利用しやすい雰囲気も魅力。何度もお世話になりそうだ。

【メモ】宇都宮市馬場通り2の2の8▽営業時間 午後5時~11時ラストオーダー(おでんがなくなり次第閉店)▽不定休▽(問)028・639・9483