【お持ち帰りグルメ】若鶏のかぶと揚げ 酒処和和(那須塩原)

【お持ち帰りグルメ】若鶏のかぶと揚げ 酒処和和(那須塩原)

 脂がのった手羽先とうま味のある胸肉の両方を楽しめる「若鶏のかぶと揚げ」(1個税込み500円)は看板メニュー。

 店長の青山和典(あおやまかずのり)さん(54)は宇都宮市の飲食店で初めて食べたかぶと揚げに衝撃を受け、何軒もの店に通うなどして独自に研究を重ねたという。味付けは塩とコショウ、隠し味でシンプルに。試行錯誤して選び抜いた油で鶏の半身を丸ごと揚げ、油っぽくなり過ぎない味わいと深みを生んでいる。カリッとした衣とジューシーな若鶏肉の味わい、1個約250グラムのボリュームが人気を呼んでいる。

 店は2007年5月にオープン。青山さんと妻の和代(かずよ)さん(36)の名前にある「和」にちなんで命名した。青山さんの実家は大田原市佐良土の食堂。同市黒羽向町のホテル花月などで修業した後、市内で居酒屋を営んでいたという青山さんは「当時から15年来のお客さんもいてありがたい」と笑顔で話す。

 開店すると仕事帰りのサラリーマンや家族連れでにぎわう。青山さんは「自慢の一品なので、ぜひ味わってみてほしい」と話す。電話注文も受け付けている。

 ◆メモ 那須塩原市西大和2の12。午後5時半~11時(土曜は午前0時)。日曜定休。(問)0287・37・2939。