【お持ち帰りグルメ】「お持ち帰り釜めし」 レストラン笠井 (那須烏山)

【お持ち帰りグルメ】「お持ち帰り釜めし」 レストラン笠井 (那須烏山)

 釜飯の名店として、週末は県内外から大勢のなじみ客の列ができる「レストラン笠井(かさい)」。創業は1977年で、厨房(ちゅうぼう)で20基以上の鉄釜で炊き上げる釜飯は絶品だ。「自宅でも食べたい」というなじみ客の要望に応え、「お持ち帰り釜めし」が1年前からメニューに登場した。

 1番人気は陶器の釜に収まる「カニバター釜めし」(税込み1550円)。厳選されたズワイガニにタケノコ、シメジなどを混ぜ込み、だしとバターでぜいたくに味付ける。ふたを開ければ豊かなカニの香りが食欲をそそる。

 スタンダードな「五目釜めし」や「カニ釜めし」(いずれも同1500円)もお薦めだ。6月下旬~8月下旬まで夏限定の「鮎(あゆ)釜めし」(同1400円)もうれしい一品。「熱々の店の味がいつでも味わえます」と2代目の笠井慎介(かさいしんすけ)さん(34)は笑顔を見せる。

 店ではそのほか那須烏山産の牛を使った「烏山山あげ牛」のステーキも提供する。サーロインステーキは150~250グラムが2600~3980円(税込み)とボリュームたっぷり。

 「お持ち帰り釜めし」は春は花見、夏は山あげ祭、秋は紅葉狩りと市内の行楽に似合う。JR烏山線に乗って車窓からのんびりと賞味したい。

 ◆メモ 那須烏山市旭1の8の24。午前11時半~午後2時半、午後4時半~8時。火曜日定休。「持ち帰り釜めし」は1日前に要予約。(問)0287・84・0487。