2回、小山城南の山口のスクイズで三走・草野が生還=県営球場

野球優勝の小山城南

バレーボール女子陽東-陽南決勝 第1セット、陽東のエース峯尾がスパイクを放つ=TKCいちごアリーナ

バレーボール女子優勝の陽東

バレーボール男子優勝の宮の原

2回、小山城南の山口のスクイズで三走・草野が生還=県営球場 野球優勝の小山城南 バレーボール女子陽東-陽南決勝 第1セット、陽東のエース峯尾がスパイクを放つ=TKCいちごアリーナ バレーボール女子優勝の陽東 バレーボール男子優勝の宮の原

 県中学総体は30日、県総合運動公園ほかで各競技を行い、野球は決勝で小山城南が南河内二を5-2で下し、8年ぶり2度目の頂点に立った。

 バレーボールは男女とも決勝は宇河地区同士の対戦となり、女子は陽東が陽南に2-0で勝ち、15年ぶりの女王。男子は宮の原が姿川に2-1で競り勝って3連覇を飾った。

 陸上は女子3年の3種目で県中学新記録が誕生。200メートルは大貫那緒(おおぬきなお)(陽南)が25秒04で制し、100メートル障害は中里百葉(なかざとももは)(田沼東)が13秒61で栄冠に輝いた。福田蒼依(ふくだあおい)(矢板)は走り幅跳びで5メートル83をマークし、前日の100メートルに続いて県中学記録を更新した。