「なつこい」のステージを盛り上げた高校生たち

「なつこい」のステージを盛り上げた高校生たち

「なつこい」のステージを盛り上げた高校生たち 「なつこい」のステージを盛り上げた高校生たち

 【栃木】恒例の地元密着型音楽フェス「なつこい Sound Stage TOCHIGI 2019」(なつこい実行委員会主催)が27日、市大平運動公園さくら球場で開かれ、中高生や親子連れが夏空の下で音楽を満喫した。

 今回で18回目。メインの「高校生バンド選手権」は、6月の予選を勝ち抜いた県内外の16組が出演し、完成度の高いオリジナル曲なども多く披露した。弾き語りでグランプリに輝いた足利市山川町、林龍佑(はやしりゅうすけ)さん(17)は「夢のようなステージだった」と振り返った。