市産ワインを片手に地域のことを語り合う参加者たち

市産ワインを片手に地域のことを語り合う参加者たち

市産ワインを片手に地域のことを語り合う参加者たち

市産ワインを片手に地域のことを語り合う参加者たち 市産ワインを片手に地域のことを語り合う参加者たち 市産ワインを片手に地域のことを語り合う参加者たち

 【矢板】田園風景が広がる市北部の山田地区に8月1日、古民家を改修したカフェ「WASHINブックカフェ」がオープンする。オーナーは東京都などで活動するアートディレクター加藤(かとう)弥生(やよい)さん(39)=東京都足立区=で、父親が所有する古民家と敷地を活用する。営業日は週3日で、ほかの日は地域住民の居場所として使ってもらう考えだ。

 加藤さんは武蔵野美術大を卒業後、仕事で中国に渡った。帰国後は「日本らしい家に住みたい」と父親所有の古民家に住みながら、大工や友人らと改修作業を進めた。カフェに先行する形で、宿泊できるゲストハウス「WASHINKAN(和信館)」を整備。民泊の許可を得て、2018年6月から運営している。

 カフェは木-土曜の正午からで、午後4時がラストオーダー。所在地は山田1080。(問)同カフェ0287・47・7314。