恒例のイルミ10万個 那須野が原ハーモニーホールで点灯

 【大田原・那須塩原】冬恒例のイルミネーションが1日、那須野が原ハーモニーホールで始まった。約10万個の発光ダイオード(LED)で作られたクリスマスツリーや楽器のオブジェがホールを色鮮やかに彩り、訪れた家族連れなどを楽しませていた。

 2002年から同ホールが毎年実施しており、今年は「ツリーのある音楽会」がテーマ。大小のクリスマスツリーやピアノ、バイオリンの形をしたイルミネーションが黄色や青色などに輝き、幻想的な雰囲気を演出している。

 同ホールは「水面やガラスに反射してきれいなのでぜひ見に来てほしい」と話していた。点灯は来年1月14日まで。午後5時~10時半。