2回、作新・林の右前適時打で二走の松尾が生還=清原

8回、文星付の村山が左越えに本塁打を放つ=清原球場

2回、作新の林の右前適時打で二走・松尾がホームイン

決戦に向け駆け出す作新ナイン

文星付の先発佐藤

決戦に向け駆け出す文星付ナイン

作新の先発林勇

声援を送る文星付の応援団

声援を送る作新の応援団

5回、文星付・滝田の右前適時打で二走・斎藤がホームインし、ハイタッチ

5回、文星付の滝田が適時打を放つ=清原

2回、作新の林勇が適時打を放つ=清原

3番手で登板した文星付の主戦饗庭

高校野球ファンが埋め尽くしたスタンド

9連覇を果たしマウンドに集まって喜ぶ作新ナイン

9連覇を果たしマウンドに集まって喜ぶ作新ナイン=清原

8回、作新の福田が適時三塁打を放つ=清原

作新の石井巧主将=清原

9連覇を果たし、硬い表情から一転して喜びを爆発させる石井(右)=清原

9連覇を果たし、作新ナインに胴上げされる小針監督=28日清原

12年ぶりの優勝を逃し、泣き崩れる文星付ナイン=清原

7回途中1失点の好投を披露した作新のエース林=清原

7回、文星付・滝田が併殺に打ち取りピンチを切り抜ける=清原

優勝した作新

準優勝の文星付

9連覇を達成し、喜びを爆発させる作新学院ナイン=28日清原、文星付決勝戦

9連覇を決め、マウンドに集まり喜びを爆発させる作新学院の選手たち=28日午後0時40分、清原球場

9連覇を決め、マウンドに集まり喜びを爆発させる作新学院の選手たち=28日午後0時40分、清原球場

3回、作新の大河内が2点適時二塁打を放つ=清原

試合後、笑顔で勢いよく駆け出す作新ナイン=清原球場

優勝メダルを授与される作新ナイン=28日清原、閉会式

決勝戦の2回、中前適時打を放つ作新の林

優勝の喜びを分かち合う作新ナインと小針監督=清原球場

9連覇を果たし、両手で「9」を表現して喜ぶ作新ナイン

粘り強い投球でチームを優勝に導いた作新の主戦・林

文星付ナインに声援を送るスタンドの応援団=28日午前、清原球場

2回、作新・林の右前適時打で二走の松尾が生還=清原 8回、文星付の村山が左越えに本塁打を放つ=清原球場 2回、作新の林の右前適時打で二走・松尾がホームイン 決戦に向け駆け出す作新ナイン 文星付の先発佐藤 決戦に向け駆け出す文星付ナイン 作新の先発林勇 声援を送る文星付の応援団 声援を送る作新の応援団 5回、文星付・滝田の右前適時打で二走・斎藤がホームインし、ハイタッチ 5回、文星付の滝田が適時打を放つ=清原
2回、作新の林勇が適時打を放つ=清原 3番手で登板した文星付の主戦饗庭 高校野球ファンが埋め尽くしたスタンド
9連覇を果たしマウンドに集まって喜ぶ作新ナイン 9連覇を果たしマウンドに集まって喜ぶ作新ナイン=清原
8回、作新の福田が適時三塁打を放つ=清原 作新の石井巧主将=清原 9連覇を果たし、硬い表情から一転して喜びを爆発させる石井(右)=清原 9連覇を果たし、作新ナインに胴上げされる小針監督=28日清原 12年ぶりの優勝を逃し、泣き崩れる文星付ナイン=清原 7回途中1失点の好投を披露した作新のエース林=清原 7回、文星付・滝田が併殺に打ち取りピンチを切り抜ける=清原 優勝した作新 準優勝の文星付 9連覇を達成し、喜びを爆発させる作新学院ナイン=28日清原、文星付決勝戦 9連覇を決め、マウンドに集まり喜びを爆発させる作新学院の選手たち=28日午後0時40分、清原球場 9連覇を決め、マウンドに集まり喜びを爆発させる作新学院の選手たち=28日午後0時40分、清原球場 3回、作新の大河内が2点適時二塁打を放つ=清原 試合後、笑顔で勢いよく駆け出す作新ナイン=清原球場 優勝メダルを授与される作新ナイン=28日清原、閉会式 決勝戦の2回、中前適時打を放つ作新の林 優勝の喜びを分かち合う作新ナインと小針監督=清原球場 9連覇を果たし、両手で「9」を表現して喜ぶ作新ナイン 粘り強い投球でチームを優勝に導いた作新の主戦・林 文星付ナインに声援を送るスタンドの応援団=28日午前、清原球場

 第101回全国高校野球選手権栃木大会最終日は28日、清原球場で決勝を行い、作新が6-2で文星付に勝利。夏の県大会の連勝記録を53に伸ばし、9連覇を達成した。 作新は初回、死球で出塁した1番横山陽樹(よこやまはるき)が二盗後、捕手からの送球がそれる間にホームを陥れ先制点を奪取。二回は林勇成(はやしゆうせい)、三回は大河内陸斗(おおこうちりくと)の適時打で追加点を挙げ、その後も石井巧(いしいたくみ)、福田真夢(ふくだまなむ)の適時打で突き放した。守っては林勇、三宅悠弥(みやけゆうや)が安定感のある投球で2失点に抑えた。

◆栃木県高校野球特集

 文星付は先発の佐藤駿多(さとうしゅんた)が3回途中3失点で降板する苦しい展開。打線は五回に滝田海斗(たきたかいと)が適時打、八回に村山憲紀(むらやまけんき)がソロ本塁打を放つも反撃及ばなかった。

 作新が出場する全国高校野球選手権は8月6日に開幕。組み合わせ抽選は同3日午後4時から、大阪市のフェスティバルホールで行われる。