雪と光の幻想世界にようこそ 日光・湯元で「雪灯里」スタート

雪と光の幻想世界にようこそ 日光・湯元で「雪灯里」スタート

 【日光】日本夜景遺産に認定されている「奥日光湯元温泉雪まつり」の第2幕「雪灯里(ゆきあかり)」が13日夜から、湯元の湯元園地特設会場などで始まった。

 夜景評論家として有名な丸々(まるまる)もとおさんが製作指揮。高さ約40センチのミニかまくら約800個を発光ダイオード(LED)で装飾。色彩や点灯パターンを変化させ、雪蛍(ゆきぼたる)が闇夜の中で舞い踊る幻想的な世界を表現した。隣接する湯ノ湖湖畔広場でも全日本氷彫刻奥日光大会にエントリーした11作品がライトアップされた。

 イベントは27日まで。ライトアップは午後5~10時ごろ。