クリケットワールドカップ東アジア太平洋予選で優勝し、本戦への出場を決めたU19日本代表メンバーらを祝福、激励した祝賀会

クリケットワールドカップ東アジア太平洋予選で優勝し、本戦への出場を決めたU19日本代表メンバーらを祝福、激励した祝賀会

クリケットワールドカップ東アジア太平洋予選で優勝し、本戦への出場を決めたU19日本代表メンバーらを祝福、激励した祝賀会 クリケットワールドカップ東アジア太平洋予選で優勝し、本戦への出場を決めたU19日本代表メンバーらを祝福、激励した祝賀会

 【佐野】19歳以下クリケットワールドカップ東アジア太平洋予選で優勝し、本戦への出場を決めた代表選手たちを祝福、激励する祝賀会が24日、東京・神宮前で行われた。

 市在住の3選手を含む代表選手や保護者、日本クリケット協会関係者など計約80人が参加した。主将のサーゲート真亜春(まあかす)さん(18)が選手を代表してあいさつし、「(予選での)優勝はクラブ、マネジャー、関係者の皆さまの頑張りでできたこと」と謝意を述べた。

 同協会のアンソニー・アラム代表理事(55)は「南アフリカで存分にプレーし、たくさんの経験をし、自信につなげてください」などと激励。元プロ野球選手でクリケットに転向した山本武白志(やまもとむさし)さん(21)も「南アフリカで暴れ回ってきてほしい」とエールを送っていた。

 予選は6月に栃本町の市国際クリケット場で開かれた。本選は来年1月、南アフリカで開幕する。