後半30分、栃木SCのDF乾(右)とMFヘニキ(左)が自陣で相手FWと競り合う=県グリーンスタジアム

後半21分、栃木SCのFW大黒がヘディングでゴールを狙う=県グリーンスタジアム

後半38分、栃木SCのFW金玄がシュートを放つ=県グリーンスタジアム

後半30分、栃木SCのDF乾(右)とMFヘニキ(左)が自陣で相手FWと競り合う=県グリーンスタジアム 後半21分、栃木SCのFW大黒がヘディングでゴールを狙う=県グリーンスタジアム 後半38分、栃木SCのFW金玄がシュートを放つ=県グリーンスタジアム

 明治安田J2第24節は27日、各地で11試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで柏と対戦し、1-2で逆転負けした。2連敗で通算成績は4勝8分け12敗の勝ち点20、順位は21位。

 栃木SCは新加入のDF瀬川和樹(せがわかずき)、DF乾大知(いぬいだいち)を先発起用。前半開始から攻勢を仕掛けると、2分にゴール正面のFKから浮き球のボールをFW大黒将志(おおぐろまさし)がボレー。こぼれ球を乾が押し込んで先制した。しかし17分はDF裏のスペースに放り込まれたロングボールをクリアしきれず、相手FWにゴール隅へ流し込まれ同点。1-1で前半を終えた。

 後半1分にはかつて栃木SCに在籍した柏のMFクリスティアーノに豪快なミドル弾を決められる苦しい展開。それでも17分に韓国人FW金玄(キムヒョン)を投入すると攻撃にリズムが生まれ始めた。ただ、22分に大黒、30分に金が頭でゴールを狙ったがネットを揺らせず、39分には抜け出した金のシュートが枠を外れた。その後も攻め続けたものの1点が遠く、そのまま終了した。

 次節は31日午後7時から、県グリーンスタジアムで東京Vと対戦する。