試合前のホームラン競争で栃木GBの松井(左)にげきを飛ばす巨人の村田ファームコーチ(右)=栃木市営球場

来場者との記念写真に応じる栃木GBの寺内監督(左)と巨人の村田ファームコーチ(右)=栃木市営球場

試合前のホームラン競争で栃木GBの松井(左)にげきを飛ばす巨人の村田ファームコーチ(右)=栃木市営球場 来場者との記念写真に応じる栃木GBの寺内監督(左)と巨人の村田ファームコーチ(右)=栃木市営球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は27日、栃木市営球場で巨人3軍と対戦、9-1で勝利した。通算成績11勝2分け4敗で東地区単独首位に立った。

 栃木GBは二回、2死満塁から押し出し死球で先制。直後に野崎新矢(のざきしんや)(大田原高出)が右翼線へ走者一掃の適時二塁打を放って一挙4点を奪った。6-1の六回はルーカスが2点本塁打を放つなど3得点。守っては若松駿太(わかまつしゅんた)が6回1失点の好投を披露し、バックも無失策でもり立てた。

 試合には昨季まで栃木GBに所属した巨人の村田修一(むらたしゅういち)ファームコーチが帯同。来場者との記念写真に応じたり、イベントに参加したりして会場を盛り上げた。

 栃木GBは28日午後1時から、同会場で巨人3軍と対戦する。