JR東日本によると、東北本線は28日午前2時35分ごろから同7時15分ごろまで、黒磯-新白河駅間で運転を見合わせた。黒田原駅の雨量計が規制値に達したため。上下6本が運休、上下2本が最大82分遅れ、約110人に影響した。