イルミネーションSL運行 D51お披露目も 真岡で29日SLフェスタ

 【真岡】「第6回真岡鉄道SLフェスタ」が29日、台町のSLキューロク館や真岡駅周辺で開かれる。SL関連のイベントを同時開催し、より効果的に地域活性化を図ろうと、ことしは真岡商工会議所青年部などが同日に「イルミネーションSL」を運行。市が静岡市から無償で譲り受けたSL「D51−146号」(D51)のお披露目も行われる。地域みこしの渡御やSL撮影会なども実施され、SLを中心に会場は終日にぎわう。

 同フェスタはSLの魅力を感じてもらうことなどを目的に、真岡鉄道や真岡線SL運行協議会などが毎年開催している。

 SLにチューブ型の発光ダイオード(LED)を巻き付けた「イルミネーションSL」を昨年初めて運行した真岡商工会議所青年部が、「個別にイベントを行うよりも、合同で実施するほうが地域活性化につながる」と考え、同フェスタに合わせて同SLを運行することにした。イルミネーションSLは真岡駅(午後5時半発)−茂木駅(同6時23分着)間を1往復する。

 また午前9時半から、D51の移設記念式典が開かれる。譲渡元の静岡市などに感謝状が贈呈されるほか、お披露目セレモニーなどが執り行われる。午後3時半ごろからは、SLの形をした真岡駅舎、SLキューロク館前にSLが一堂に会する撮影会が開かれる。