暑さ吹き飛ぶ、お化け屋敷開幕 オリオンACぷらざ

 【宇都宮】怖さで暑さも吹き飛ばそう−。江野町のオリオンACぷらざで22日、毎夏恒例の「お化け屋敷」が始まった。工夫を凝らした奇怪な仕掛けに、早速多くの来場者が肝を冷やした。8月20日まで。

 お化け屋敷は2012年から毎年、夏休み期間中に登場。宇都宮オリオン通り商店街振興組合とオリオン通り曲師(まげし)町商業協同組合でつくる「オリオン通り商店会」が運営している。今年は例年以上に迫力のある仕掛け人形が特徴といい、音や風、光なども巧みに使って怖さを演出。会場には悲鳴が響いていた。

 大田原市から友人と共にに来場した大田原中2年印南愛奈(いんなみあいな)さん(13)は「音や足元の仕掛けが怖かったけれど、楽しめました」とホッとした様子で話した。

 営業時間は午前11時~午後7時。入場は未就学児無料、小学生100円、中学生200円、高校生以上300円。