輪になって愉快に交流 小山城東小でサマーフェス

輪になって愉快に交流 小山城東小でサマーフェス

 【小山】「第41回小山城東小PTAサマーフェスティバル」が20日、同校で開かれ、多くの児童や保護者らでにぎわった。会場には浴衣や甚平に身を包んだ児童の姿も多く見られ、祭りに花を添えた。

 同フェスティバルはPTA会員の友好や郷土愛、地域社会との連携を深めるのが目的で、同校開校時から開催されている。

 参加者は初めに「小山城東小音頭」を輪になって踊った。その後、児童はスタンプラリーカードを手に、折り紙や科学実験、はしご車の見学など各種体験ブースを回った。

 また、野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスの選手とキャッチボールをするコーナーもあり、児童らはボールの投げ方などを教わった。ボール投げを体験した1年森田桜(もりたさくら)さん(6)は「上手に投げられたので楽しかった」と話した。