突発的噴火に対応する避難計画改定を承認した那須岳火山防災協議会=26日午前、那須町役場

 那須岳(茶臼岳)周辺の自治体や防災関係機関などでつくる那須岳火山防災協議会(会長・平山幸宏(ひらやまゆきひろ)那須町長)が26日、那須町役場で開かれ、新たに突発的な噴火への対応を盛り込んだ避難計画改定案を承認、同日付で運用を開始した。事前に噴火警戒レベルの引き上げがないまま噴火が起きた場合を想定し、観光客、登山客に分けて避難対応などを明記した。

 内閣府が職員を現地に派遣し地域特性を考慮した助言を行う支援事業の一環。内閣府は複数火口が同時に活発化したケースなど四つの課題に分類し、全国の火山防災協議会のうち12の協議会で支援を実施してきた。突発的噴火への対応を盛り込んだ計画は、昨年7月から検討を進めてきた那須岳のみという。