トマトが散乱した市道=26日午後0時20分、那須塩原市東三島5丁目

トマトが散乱した市道=午後0時20分、那須塩原市東三島5丁目

トマトが散乱した市道=26日午後0時20分、那須塩原市東三島5丁目 トマトが散乱した市道=午後0時20分、那須塩原市東三島5丁目

 26日午前11時35分ごろ、那須塩原市東三島5丁目の市道交差点で、大田原市、運転手男性(46)の大型トラックが左折した際、車体右側の荷台の扉が開き、トマトが入ったプラスチック製コンテナが落下、信号待ちしていた軽トラックや軽乗用車など計3台にぶつかった。けが人はいなかった。トマトが道路に散乱し、撤去作業のため現場は約2時間通行止めとなった。

 那須塩原署によると、コンテナは積み荷のおよそ3分の1に当たる約100箱が落ちたという。大型トラックは茨城県から現場近くの食品加工工場に向かう途中だった。同署で原因を調べている。

 3台のうち先頭で信号待ちしていた無職男性(73)は「トマトは道路の20メートルくらい散乱していた。気を付けて運送してほしい」と話した。

 22日には那珂川町の国道294号交差点で、同工場に向かっていた別の大型トラックの荷台からコンテナ約300箱が落下し、トマトが道路に散乱していた。