江戸期再現した花火打ち上げ 27日、蔵の街花火大会 栃木

 【栃木】市民が中心となって作る「蔵の街花火大会」が27日、市永野川緑地公園で開かれる。

 子供たちに夏休み最後の思い出として花火を見てもらいたいと、開催に賛同した市民が集った同大会実行委員会が主催。

 3回目となる今回は約5先発の花火が打ち上がる。新たな挑戦として、「小江戸とちぎ」にちなんだ花火をそろえる。前半約7分、江戸時代の花火を再現したオレンジ一色の花火や、市にゆかりのある喜多川歌麿(きたがわうたまろ)の肉筆画「雪」「月」「花」をイメージした花火が夜空を飾る。

 午後1時から公園内の特設ステージで市内のおはやし団体などが演舞などを披露。花火は午後7時開始。

(問)大浦兼政(おおうらかねまさ)実行委員長090・2444・7412。