雨傘手に和楽踊り 日光・輪王寺で開山1250年祝う

 【日光】日光開山1250年を記念した「日光和楽踊りin日光山輪王寺」が17日夜、本堂「三仏堂」前で初開催された。雨の中、約50人がおはやしや踊りで会場を盛り上げた。

 輪王寺と「みんなで和楽踊りの会」の主催。会場にやぐらを組み、午後6時半から踊る予定だったが、強い雨が降り始めたため40分ほど遅らせて開始した。

 雨にも負けず、同会の子どもたちはおはやしを演奏し、古河電工の祭りで踊る「日光和楽踊り隊」がお手本を披露。来場者は傘を差しながら輪になって踊り、夜の境内を彩った。