宇都宮地方気象台は26日午後5時12分、「台風第6号に関する栃木県気象情報」を発表した。県内では台風の接近に伴い、27日から28日にかけて大雨となる見込み。

 ◇最新の防災情報・気象警報

 同気象台によると、台風6号は27日朝には紀伊半島付近に進み上陸する恐れがあり、その後、進路を東寄りに変えて東日本太平洋側を進み、28日朝までに熱帯低気圧に変わり、関東甲信地方に接近するという。

 県内では台風付近の湿った空気が流れ込むため、27日から28日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った激しい雨が降り大雨となる恐れがある。

 27日午後6時までの24時間に予想される雨量は多い所で80ミリ。その後、28日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で50~100ミリの見込み。

 同気象台では土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。