柔道男子団体決勝 先鋒戦で足利一の蓬田(右)が抑え込みに入る=県武道館

柔道男子団体優勝の足利一

柔道女子団体優勝の足利一

柔道男子団体決勝 先鋒戦で足利一の蓬田(右)が抑え込みに入る=県武道館 柔道男子団体優勝の足利一 柔道女子団体優勝の足利一

 県中学総体は25日、県武道館ほかで柔道、ソフトテニス、ソフトボールなどを行った。

 柔道は男女団体を行い、足利一が2年連続で男女アベック優勝を飾った。決勝で男子は国学栃木を3-2で退けて2年連続の頂点。女子は清原を2-0で下し、3年連続で女王の座を守った。

 ソフトテニスは男女個人を行い、男子は須藤漱太(すとうそうた)・木島凜翔(きじまりんと)組(南河内)、女子は田中栞(たなかしおり)・桑木愛花(くわきめいか)組(芳賀)がそれぞれ初優勝を飾った。