弓の名手たたえ与一まつり開幕 大田原、那須神社で初の祈願式

弓の名手たたえ与一まつり開幕 大田原、那須神社で初の祈願式

 【大田原】市ゆかりの弓の名手那須(なすの)与一(よいち)をたたえる「第35回大田原与一まつり」が7日、市内で開幕した。南金丸の那須神社で初めて祈願式を行い、まつりに彩りを添えた。

 祈願式は2014年に同神社が国の重要文化財(本殿、楼門)と名勝に指定されたのを記念して行われた。

 与一が同神社で合戦などの必勝祈願をしたという言い伝えにならい、地元の藤田紀夫(ふじたのりお)議長が与一公に扮(ふん)し、まつりの成功などを祈願。「えい、えい、おー」と声をあげた。

 中心街の歩行者天国では、恒例の武者行列、与一踊りなどが繰り広げられた。

 同まつりは8日まで。