山車競演に歓声 真岡の夏祭り始まる

 【真岡】真夏恒例の「真岡の夏祭り」(市夏祭町会連合会主催)が24日、市内各所で始まった。 この日は朝、東郷の大前神社でみこし渡御の準備を整える「宮出し」からスタート。みこしが各町会を回る「町会渡し」などを行った。

 今回、各町会の山車によるぶっつけなどの「宵宮」を、初めて行屋川西側を含む地区で実施した。台町のSLキューロク館広場では、午後5時過ぎから各町会の山車が集まり、ぶっつけを実施。見物人たちは、勇壮な山車の競演に歓声。

 25日は市中心部に「お祭り広場」が設けられるほか、午後7時20分から花火大会を実施。最終日は手筒花火の中をみこしが同神社に戻る「宮入献灯」でフィナーレを迎える。