砂も急坂も乗り越え疾走 宇都宮シクロクロス開幕 ろまんちっく村【動画】

砂も急坂も乗り越え疾走 宇都宮シクロクロス開幕 ろまんちっく村【動画】

 自転車オフロードレースの「2017宇都宮シクロクロス(CX)シリーズ」は2日、宇都宮市新里町の道の駅うつのみやろまんちっく村で開幕し、選手たちが急坂や砂セクション、人工障害板などの設置された特設コースで熱戦を展開した。

 初日は性別や年齢、クラス別に9部門のレースを行い、約180選手が出場した。会場には約5千人(主催者発表)が来場し、選手たちの悪路をものともしない力強い走りを楽しんだ。

 男子のカテゴリー4A部門で優勝した山形県米沢市、大学院生三浦伶央(みうられお)さん(23)は「つくり込まれたコースで走っていて楽しかった。また来年も走りに来たい」と笑顔を見せていた。

 大会最終日は3日午前8時20分から10部門のレースを行う。